博士課程概要

博士課程では、自立して科学的研究を行うために必要な高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識を修得し、医学の進歩と地域医療の充実に寄与する人材の育成を目指します。博士課程を修了すると「博士(医学)」の学位が授与されます。

なお、地域医療に従事している者、地域医療を志向する者及び地域医療の現場で活躍する社会人(病院、研究所、官公庁、教育施設、企業等において医師、歯科医師、薬剤師、研究者等職員として勤務し、入学後もその身分を有する者)等が最新の医学知識・技術を学び、地域医療の現場で提起された課題について研究し、その研究成果を地域医療に還元することを目的として社会人特別選抜試験を実施しております。


1.博士課程の目標


博士課程は、専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うものとする。



2.専攻および専攻分野



専攻

専攻分野

地域医療学系

地域医療学、総合医学、循環器・呼吸器疾患学、消化器疾患学、病態機能外科学、内分泌代謝疾患・病態解析学、血液・免疫疾患学、精神・神経・筋骨格疾患学、生殖・発達医学、腎尿路疾患学、皮膚・感覚器疾患学、麻酔・救急・集中治療医学、腫瘍医学

人間生物学系

生体構造医学、生体分子医学、生体制御医学、生体防御医学、基礎系総合医学

環境生態学系

環境生態医学、保健医療システム学



3.各専攻の概要とねらい


地域医療学系専攻


地域医療学系は、地域における医学の発展、医療の充実に寄与し、地域住民の健康の向上に貢献するため、医学・医療およびその関連領域の学術の理論と応用を研究し、自立した研究者・教育者としての能力を養うことを目的として13の専攻分野から成る。地域医療学・臨床医学に関連する領域の講義、演習、実習を履修すると共に、特定の研究課題について、生活習慣病、日常病を対象に、臨床疫学・行動科学・医療科学の手法を用いて、地域医療・総合医療(プライマリケア、総合診療、医療面接、外来医療、家庭医療、地域医療、在宅医療、終末期医療、医療福祉、医療評価、医療経済、医療人類学等)の質の向上に資する研究能力とその基礎となる学識を身につける。内科系疾患並びに外科系疾患(循環器・呼吸器疾患学、消化器疾患学、病態機能外科疾患学、内分泌代謝・病態解析疾患学、血液・免疫疾患学、精神・神経・筋骨格疾患学、生殖・発達医学、腎尿路疾患学、皮膚・感覚器疾患学、麻酔・救急・集中治療医学及び腫瘍医学)の成因の解明と診断・治療・予防法の開発に関する臨床的並びに基礎的研究を行うに必要な高度の研究能力、真摯な研究態度、その基礎となる豊かな学識を身につける。


人間生物学系専攻


医学をより深く追求するため、生体の構造と機能(制御機構や防御機構を含む)から病原微生物などの外的要因まで対象とし、基礎研究から臨床展開を志向した応用研究まで幅広くカバーする。次の5専攻分野から成る。

<生体構造医学>
構造解析学、機能細胞学及び人体・分子病理学の3科目において、人体の臓器・組織の解剖学的研究、細胞・組織の超微細形態の解析、疾患に対する病理学的アプローチまで、主に形態学的観点から人体の構造と病態の解明に挑む。

<生体分子医学>
分子生化学、細胞生化学、分子医学、抗加齢医学、再生医科学、生体分子科学及び分子生物物理学の7科目において、核酸やタンパク質の構造解析、細胞の分子機能解析といった基礎研究から、ゲノム解析、遺伝子治療学、再生医学といった臨床に直接繋がるトランスレーショナル研究まで、幅広く医学研究に取り組む。

<生体制御医学>
分子細胞生物学、神経生理学及び器官細胞生理学の3科目において、遺伝子発現調節機構の解明、中枢神経系への生理学的アプローチ、最新テクノロジーを駆使した分析と統合による生体機能の理解など、生体制御機構の観点から生命現象の実態に迫る。

<生体防御医学>
細胞分子薬理学、分子ウイルス学、微生物・免疫学及び動物寄生病態学の4科目において、分子・細胞レベルでの薬理学的研究、肝炎ウイルスに関する分子生物学・分子疫学研究、細菌感染症発症機構の解明、真核寄生生物に関する総合的研究など、生体防御に関わる多面的な研究を行う。

<基礎系総合医学>
所属する専門分野の壁にとらわれない発想によって、医学的な疑問を基礎的な研究手法で解決できる能力を取得する。様々な専門分野の研究者と相互に交流し、知見を深める。


環境生態学系専攻


関連の講義及び演習を通して、外的環境要因及び社会制度、医療制度などを含めた情報などを収集・整理し、さらに分析・解析し、統合的に人の健康を守るための手法を見出していく。この過程を通して、環境や社会などの種々の要因が、地域住民の健康維持増進に果たす役割を理解する。社会制度、医療制度を含めた環境要因による健康影響について統合的な研究能力を養い、広く社会のニーズに応えられる研究者及び専門家を育成することを目的としており、次の2専攻分野から成る。

<環境医学・環境免疫学>
生活習慣や環境汚染物質などの外的環境要因が、人の健康に与える影響について調べるために、人での疫学調査を行うことと、それにより得られた知見をもとに、細胞生物学的手法や動物実験により健康影響の発現の機序について解明する。また、分子遺伝学的アプローチによる人類の生物学的な多様性の解析を進めていくために必要な知識と技術を習得すると共に、人類における個体差の発生機序と遺伝病の病因を明らかにし、生命現象の本体に迫る。

<国際保健医療学>
国際保健医療の領域で問題となっているテーマを用いて、社会医学的、実験医学的および臨床医学的手法を用いて研究を進め、研究成果をまとめる訓練を行う。



4.博士課程修了者の主な進路先


自治医科大学附属病院(医師・教員)
信州大学医学部附属病院(医師)
筑波大学(教員)
米国NIH留学

上記の他に、全国多数の医療機関等へ就職。

責任者
生命の本質へ
面白いぞ、脂質と炎症
  • 講座名 内分泌代謝
  • 責任者名 石橋 俊
  • キーワード 病態 動脈硬化 糖尿病
生命の本質へ
組織の再建から再生へ
  • 講座名 形成外科
  • 責任者名 吉村 浩太郎
  • キーワード 感じ 組織再生 脂肪幹細胞
生命の本質へ
Make invisibles visible!
  • 講座名 放射線
  • 責任者名 森 墾
  • キーワード ガン 診断学 治療学
生命の本質へ
精神病理と科学の融合
  • 講座名 精神
  • 責任者名 須田 史朗 小林 聡幸
  • キーワード 感じ 神経化学  精神病理学
生命の本質へ
次世代の治療の開発
  • 講座名 耳鼻咽喉
  • 責任者名 西野 宏
  • キーワード 感じ アンチエイジ 腫瘍免疫
生命の本質へ
眼疾患の病態解明!
  • 講座名 眼科
  • 責任者名 川島 秀俊
  • キーワード 感じ サイトカイン 深層学習
生命の本質へ
細胞の中を解剖しよう
  • 講座名 解剖
  • 責任者名 野田 泰子
  • キーワード 病態 膜小器官動態 細胞分化
生命の本質へ
形を学ぶ・形から学ぶ
  • 講座名 組織
  • 責任者名 大野 伸彦
  • キーワード 病態 組織構築 内分泌
生命の本質へ
脳と心への探究と挑戦
  • 講座名 神経脳生理
  • 責任者名 尾仲 達史
  • キーワード 感じ 社会脳 行動発達異常
生命の本質へ
電気でシビレる研究を
  • 講座名 統合生理
  • 責任者名 中條 浩一
  • キーワード リズム イオンチャネル 分子イメージング
生命の本質へ
生命の原理的理解へ
  • 講座名 生物物理
  • 責任者名 柴山 修哉
  • キーワード 病態 立体構造解析 アロステリー
生命の本質へ
分子構造から生体まで
  • 講座名 構造生化
  • 責任者名 柳澤 健 松儀 実広
  • キーワード ガン 細胞増殖制御 tRNA
生命の本質へ
明るく楽しい研究室
  • 講座名 機能生化
  • 責任者名 遠藤 仁司
  • キーワード 病態 代謝制御 遺伝子発現
生命の本質へ
遺伝子導入が自由自在
  • 講座名 病態生化学
  • 責任者名 大森 司
  • キーワード 病態 出血・止血 ST2とIL-33
生命の本質へ
大きなビジョン
  • 講座名 人体病理
  • 責任者名 田中 亨
  • キーワード ガン 性ホルモン 幹細胞
生命の本質へ
臨床に直結した研究
  • 講座名 統合病理
  • 責任者名 仁木 利郎
  • キーワード ガン 微小環境 EMT
生命の本質へ
好機到来!新細菌学
  • 講座名 細菌
  • 責任者名 崔 龍洙
  • キーワード 病態 バクテリア 感染症
生命の本質へ
ムシのいい研究!
  • 講座名 医動物
  • 責任者名 加藤 大智
  • キーワード 病態 寄生虫 吸血昆虫
生命の本質へ
エピジェネティク治療
  • 講座名 幹細胞
  • 責任者名 古川 雄祐
  • キーワード iPS エピゲノム 分子標的療法
生命の本質へ
宇宙実験もやります。
  • 講座名 抗加齢
  • 責任者名 黒尾 誠
  • キーワード リズム 老化 マウス
生命の本質へ
Think Global, Act Local
  • 講座名 再生医学
  • 責任者名 花園 豊
  • キーワード iPS 再生 動物モデル
生命の本質へ
頑張りマウス!
  • 講座名 炎症・免疫
  • 責任者名 高橋 将文
  • キーワード 病態 炎症 細胞死
生命の本質へ
空気読んでます
  • 講座名 循環病態・代謝学
  • 責任者名 武田 憲彦
  • キーワード 酸素 心血管系 代謝
生命の本質へ
その人らしくを支える
  • 講座名 緩和医学
  • 責任者名 丹波 嘉一郎
  • キーワード ガン 緩和ケア whole person care
生命の本質へ
安心してできる癌治療
  • 講座名 臨床腫瘍
  • 責任者名 藤井 博文
  • キーワード ガン がん薬物療法 集学的治療
生命の本質へ
診療とともにある研究
  • 講座名 呼吸器内科
  • 責任者名 山口 泰弘
  • キーワード ガン 間質性肺炎 加齢
生命の本質へ
腫瘍だけを破壊せよ
  • 講座名 血液科
  • 責任者名 神田 善伸
  • キーワード ガン 腫瘍免疫 細胞免疫療法
生命の本質へ
研究で臨床を極める
  • 講座名 リウマチ膠原病
  • 責任者名 小竹 茂
  • キーワード 病態 膠原病 自己免疫
生命の本質へ
実践的な研究
  • 講座名 病理診断
  • 責任者名 田中 亨
  • キーワード ガン 免疫組織化学 器官培養
生命の本質へ
エピゲノムと発癌
  • 講座名 一般消化器外科
  • 責任者名 力山 敏樹
  • キーワード ガン エピゲノム ゲノム損傷
生命の本質へ
新規循環器研究の確立
  • 講座名 心臓血管外科
  • 責任者名 山口 敦司
  • キーワード 病態 血流解析 低侵襲手術
生命の本質へ
日本有数の施設で
  • 講座名 整形外科
  • 責任者名 秋山 達
  • キーワード ガン 骨軟部腫瘍 疫学研究
生命の本質へ
糖尿病網膜症を防ぐ!
  • 講座名 眼科
  • 責任者名 蕪城 俊克
  • キーワード 病態 糖尿病網膜症 遺伝子治療
生命の本質へ
文系、理系を超えた、最先端の医系の心理学
  • 講座名 心理学研究室
  • 責任者名 髙瀬 堅吉
  • キーワード 感じ 行動異常解明 行動指標開発
次世代技術
skillとideaで道を拓く
  • 講座名 消化器内科
  • 責任者名 山本 博徳
  • キーワード 光医療 小腸 腸内細菌
次世代技術
Active, Positive, Creative !
  • 講座名 神経内科
  • 責任者名 藤本 茂 松浦 徹
  • キーワード 遺伝子治療 脳血管障害 急性期
次世代技術
豊富な研究費と手術数
  • 講座名 心臓血管外科
  • 責任者名 川人 宏次
  • キーワード 微細ロボ手術 人工膵臓 若手術者育成
次世代技術
肺の病態を探ろう!
  • 講座名 呼吸器外科
  • 責任者名 遠藤 俊輔
  • キーワード 光医療 生体肺観察 肺微小構造
次世代技術
小児外科の創製・想成
  • 講座名 小児外科
  • 責任者名 小野 滋
  • キーワード 微細ロボ手術 小児の新術式 再生医療
次世代技術
子供の病気を治そう!
  • 講座名 小児科
  • 責任者名 山形 崇倫 小坂 仁
  • キーワード 遺伝子治療 脳機能解析 遺伝子解析
次世代技術
手厚いサポート体制
  • 講座名 整形外科
  • 責任者名 竹下 克志
  • キーワード 微細ロボ手術 運動解析 組織移植
次世代技術
医療になる遺伝子治療
  • 講座名 遺伝子治療
  • 責任者名 水上 浩明
  • キーワード 遺伝子治療 AAVベクター  組織特異性
次世代技術
医療技術教育改革
  • 講座名 医療技術トレーニング
  • 責任者名 佐田 尚宏
  • キーワード 微細ロボ手術 Ex vivo教育 技術の概念化
次世代技術
低侵襲の診断治療法
  • 講座名 脳神経外科
  • 責任者名 田中 裕一
  • キーワード 微細ロボ手術 脳虚血診断 近赤外線
次世代技術
泌尿器科内視鏡治療
  • 講座名 泌尿器科
  • 責任者名 宮川 友明
  • キーワード 微細ロボ手術 腹腔鏡手術 ロボット手術
次世代技術
手作りで生き物観察
  • 講座名 分子病態
  • 責任者名 西村 智
  • キーワード 光医療 イメージング 血栓
スマート医療
1年先の病気の予見
  • 講座名 循環器内科
  • 責任者名 苅尾 七臣
  • キーワード IT 予見医療 SHATS
スマート医療
基礎と臨床を結ぶ研究
  • 講座名 腎臓内科
  • 責任者名 長田 太助
  • キーワード 健康応援 腎臓病態生理 腎不全治療
スマート医療
Smart 呼吸器病学
  • 講座名 呼吸器内科
  • 責任者名 萩原 弘一
  • キーワード 橋渡し・TR 遺伝子工学 臨床試験
スマート医療
GVHDを撲滅せよ!
  • 講座名 血液科
  • 責任者名 神田 善伸
  • キーワード 移植 造血細胞移植 移植免疫
スマート医療
膠原病発症の謎に挑戦
  • 講座名 アレルギー膠原病学
  • 責任者名 佐藤 浩二郎
  • キーワード 橋渡し・TR サイトカイン 破骨細胞
スマート医療
mortality 0, morbidity 0を目指した臨床と研究
  • 講座名 消化器一般移植外科
  • 責任者名 佐田 尚宏
  • キーワード がん 画像診断 腫瘍・移植免疫
スマート医療
自由な発想、大歓迎!
  • 講座名 脳神経外科
  • 責任者名 川合 謙介
  • キーワード 橋渡し・TR ヒト神経科学 仮想現実支援
スマート医療
臨床と研究の両立
  • 講座名 産科婦人科
  • 責任者名 藤原 寛行
  • キーワード 橋渡し・TR 妊娠高血圧 CRISPR
スマート医療
臨床に直結する研究
  • 講座名 泌尿器科
  • 責任者名 藤村 哲也
  • キーワード 橋渡し・TR ロボット手術 尿路結石
スマート医療
移植臨床への直結研究
  • 講座名 腎臓外科
  • 責任者名 岩見 大基
  • キーワード 移植 腎臓移植 移植免疫病理
スマート医療
集中治療の未来へ
  • 講座名 集中治療
  • 責任者名 布宮 伸
  • キーワード 急性期 敗血症 多臓器障害
スマート医療
臨床検査を科学する
  • 講座名 臨床検査
  • 責任者名 谷口 信行
  • キーワード 橋渡し・TR 超音波 血漿蛋白
スマート医療
歯口外最先端への挑戦
  • 講座名 歯科口腔外科
  • 責任者名 森 良之
  • キーワード 橋渡し・TR 口腔癌 顎変形症
スマート医療
臨床からヒントを形に
  • 講座名 救急
  • 責任者名 間藤 卓
  • キーワード 急性期 栄養学 ウエアラブル
スマート医療
薬から病態解明と治療
  • 講座名 分子薬理
  • 責任者名 輿水 崇鏡
  • キーワード 橋渡し・TR 治療標的探索 副作用解析
スマート医療
臨床にフィードバック
  • 講座名 臨床薬理
  • 責任者名 今井 靖
  • キーワード 橋渡し・TR 臨床薬物治療学 循環器・生活習慣病
スマート医療
予防医療の実現に向けて
  • 講座名 環境予防医学
  • 責任者名 市原 佐保子
  • キーワード 環境 健康影響 ストレス応答
スマート医療
ウイルス肝炎撲滅
  • 講座名 ウイルス
  • 責任者名 村田 一素
  • キーワード 環境 肝炎ウイルス 感染制御
スマート医療
地域医療向上への貢献
  • 講座名 地域医療学
  • 責任者名 小谷 和彦
  • キーワード 健康応援 へき地医療 地域づくり
スマート医療
Health for all
  • 講座名 公衆衛生学
  • 責任者名 中村 好一
  • キーワード 健康応援 Public health Epidemiology
スマート医療
伝統から先端へ
  • 講座名 東洋医学
  • 責任者名 村松 慎一
  • キーワード IT 漢方薬 人工知能
スマート医療
遺伝解析から病態へ
  • 講座名 人類遺伝
  • 責任者名 岩本 禎彦
  • キーワード 環境 遺伝 生活習慣病
スマート医療
未来指向の臨床研究
  • 講座名 循環器内科
  • 責任者名 藤田 英雄
  • キーワード 健康応援 医療システム 臨床試験
スマート医療
急性膵炎に新治療法を
  • 講座名 消化器内科
  • 責任者名 眞嶋 浩聡
  • キーワード 健康応援 シグナル伝達 内視鏡治療
スマート医療
健康寿命延長に貢献
  • 講座名 内分泌代謝科
  • 責任者名 原 一雄
  • キーワード 健康応援 分子病態生理 精密医療研究
スマート医療
腎臓、遺伝子治療
  • 講座名 腎臓内科
  • 責任者名 森下 義幸
  • キーワード 橋渡し・TR 腎臓 遺伝子治療
スマート医療
日常臨床から研究へ
  • 講座名 神経内科
  • 責任者名 﨑山 快夫
  • キーワード 橋渡し・TR 臨床研究 神経治療
スマート医療
日常からの発見
  • 講座名 小児科
  • 責任者名 市橋 光
  • キーワード 橋渡し・TR 小児 臨床検査
スマート医療
豊富な産婦症例を糧に
  • 講座名 産婦人科、周産期科
  • 責任者名 今野 良 髙木 健次郎 桑田 知之
  • キーワード 橋渡し・TR 腹腔鏡手術 胎児超音波
スマート医療
いぼを究める!
  • 講座名 皮膚科
  • 責任者名 出光 俊郎
  • キーワード 環境 HPV いぼ
スマート医療
口腔腫瘍の臨床研究
  • 講座名 歯科口腔外科
  • 責任者名 小佐野 仁志
  • キーワード 急性期 口腔癌の治療 心身医療
スマート医療
重症患者の臨床研究
  • 講座名 集中治療
  • 責任者名 讃井 將満
  • キーワード 急性期 臨床研究 重症患者管理
スマート医療
全身の超音波画像診断
  • 講座名 臨床検査
  • 責任者名 尾本 きよか
  • キーワード 橋渡し・TR 超音波診断 全身臓器
スマート医療
未来指向の臨床研究
  • 講座名 循環器病臨床医学研究所
  • 責任者名 藤田 英雄
  • キーワード 健康応援 医療システム 臨床試験
スマート医療
タフかつグローバル
  • 講座名 総合診療
  • 責任者名 菅原 斉
  • キーワード 健康応援 症例対象研究 外れ値研究
スマート医療
救急医療の最前線へ
  • 講座名 救急科
  • 責任者名 守谷 俊
  • キーワード 急性期 病院前救急 ER
スマート医療
学術と社会の架け橋
  • 講座名 公共政策学研究室
  • 責任者名 山邉 昭則
  • キーワード 橋渡し・TR 政策 コミュニケーション
スマート医療
教育開発で医療貢献
  • 講座名 医学教育学
  • 責任者名 岡崎 仁昭 松山 泰
  • キーワード 環境 教育法開発 評価法開発